岩槻SSSの紹介

岩槻スリーエスについて
埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、近隣の小学生を主体とした埼玉県サッカー連盟所属の少年サッカーチームです。
創立は1997年(平成9年)12月23日、バイエルン岩槻として発足、2002年より岩槻少年サッカースクール岩槻SSS(スリーエス)と改称し、数多くの卒団生を送り出してきました。
活動目的
少年団の活動を通して、スポーツを愛し、サッカーを愛し、体力や技術向上のために努力する子どもを育てると共に、会員、保護者、指導者相互の交流を推進していきます。サッカーの技術の習得と同時に、挨拶や礼儀を重んじ、自己の責任を果たし、ルールを守ることの大切さを学ばせ、自立心を育んでいきます。
指導方針
●あいさつがしっかりできるようにする
●自分のことは自分でできるようにする
●仲間を思いやることの大切さを伝える
●サッカーを通じて努力することやチャレンジすることの素晴らしさを伝える
スタッフ紹介
JFA公認指導者ライセンス(C級・D級・キッズリーダー)・スポーツ少年団認定員等 各種資格保有スタッフが指導します。
【代表】船戸代表
【副代表】土屋副代表
【顧問】亀谷顧問
【コーチ】